注文住宅を利用してビルトインガレージを取り入れよう

注文住宅の魅力

自宅を建設する際に敷地の面積にもよりますが、駐車場のスペースをどうするかは悩ましい問題です。
駐車場を確保することによってその分建物を建てる面積が取られてしまいます。
地下に駐車場を作れば建蔽率に入りませんので住まいの面積を減らす必要はありませんが、コストが大きく上がってしまいます。
現実的には難しいと思われます。
屋根をつけるかどうかも検討する必要があります。
屋根をつければ車が汚れることを避けることが出来るので、洗車する間隔を広げることが出来ます。
しかしながら直射日光が跳ね返るため住まいの方が暑くなることが考えられます。
屋根をつけなければ熱の跳ね返りは防げますが、その分汚れることは避けられませんので洗車する回数は増えてしまいます。

注文住宅を建設する時はすべてが自分で決めることが出来ます。
駐車場についても全体計画との関係で工夫次第でどうにでもなることです。
最悪の場合には自宅部分の面積を十分とるために外部の駐車場を借りることにすることも可能です。
予算が十分あるのであれば建蔽率に算入されない地下駐車場が理想的だと思われます。
雨や風の影響を全く受けない訳ですので洗車する回数も大幅に減らせます。
外に置いておくと夏の暑い日にはすぐには乗れませんし、ハンドルなども暑くて触れませんが、そういう事態を避けることが出来ます。
注文住宅の良さは自分でコントロールすることが出来るのが最大のメリットです。
車に乗る動線をいかにするかという形で位置を決めることも出来ます。