注文住宅を利用してビルトインガレージを取り入れよう

不動産を見極める

最近は注文住宅でも駐車場がない家もあります。
土地があまりにも狭く、しかも建蔽率や容積率の関係で3階建てにできない場合がそれに当たります。
ですが、車や車の免許を持っている人であれば、一生に一度の住宅購入であればできるだけ駐車場は欲しいものです。
では、注文住宅で駐車場を付ける場合どんな装備があるでしょうか。
これについて、一番手っ取り早いのは砂利だけを敷いておくことです。
まず時間がかかりません。
そして何よりお金がかからずにそれっぽく魅せることができるからです。
20万円以上の予算があるならカーポートを取り付けるということもできます。
カーポートも価格によってはピンからキリまでありますので、よく検討するのが良いでしょう。

注文住宅と類似のものは一体なんでしょうか。
類似のものとしてはやはり中古住宅ではないでしょうか。
中古住宅は元家主が何らかの理由で家を手放した後、売りに出されればそれは中古住宅として不動産屋で扱われます。
2009年ごろにアメリカで起こった不況が日本でも伝播したときはたくさんの会社が倒産したと言われています。
その時に持家を手放した人も多くいるようです。
中古住宅の良いところは、リフォームやリノベーションをして使えば、新築と同じ状態になるだけでなく、新築を一軒建てるよりも安く上がります。
その理由は、リフォームにしてもリノベーションにしてもどちらも今ある素材をそのまま生かして新しい建物にするからです。
もちろんそのまま何もせずに中古住宅に住むという選択もあります。